カテゴリー
トレーニング日誌

2020年8月11日

トレーニング部位

メイン:大胸筋
サブ:上腕三頭筋


トレーニング時間

2時間

トレーニングの経過

(ウォーミングアップ含めない)

ランニング(10分)

ベンチプレス

105kg×5回 100kg×2〜6×4セット(クローズグリップ)

前回の余裕を残して105kg×4回を踏まえれば、筋力の伸びさほど見られない。

手幅をクローズグリップにしても、ほとんど同じ回数が出来たということは、手幅による挙上重量の差はあまりないのかもしれない。

パラレルバー・ディップス

30kg×6〜8回×2セット 20kg×10×2セット 10kg×10回×2セット 加重なし×15

ダンベルフライ

15kg×10×2セット

ダンベル・ライイングエクステンション

20kg×6〜10回×3セット 17.5kg×6〜8×2セット 

やはり、このエクサイズが上腕三頭筋によく効く。三角筋のトレーニングをしていないので、肩関節への不安無く行えた。

EZバー・ライイングエクステンション

25kg×10回 20kg×10

上腕三頭筋エクサイズその他

ライイングエクステンション以外のエクササイズを模索した。ケーブルやバーベルを使ってあれこれやったが、期待できるエクササイズは発見できなかった。

所感

ジムにクーラーは設置されていない。

トレーニングは夜だったが、それなりに暑かった。

暑さだけが原因かはわからないが、筋力とスタミナのレベルが高くなかった。それでも、それなりの重量がこなせたので良いことにしよう。

クーラー完備のジムでトレーニングしている場合関係ないが、オールドファッションなジムでは、」夏の暑い時期に、トレーニングにを積めば、秋以降に伸びる」と信じられている(と思う)

暑さに耐えながら、トレーニングすれば、辛い感覚に慣れるので、涼しい秋はより強度の高いトレーニングができるということだろう。

しかし、クーラーが完備されていれば、暑くて力が出ないなどということはなく、充分なトレーニングが出来るのだから、成長カーブの角度は違えど、結果的にはクーラー完備でも、無しでも変わらないのかもしれない。

私としては、結果が変わらないのとするならば、あえての「苦行」は避けたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です