カテゴリー
フリーポーズ

ショーン・レイポーズ

フリーポーズで定番になっているポーズです。
他選手と似たポージングになるので多用はよくありません。

目次

ショーン・レイがポージングルーティンに入れていたポーズです。

画像1
画像2

私自身、バルク型ではなく、プロポーションとバランスが武器のボディビルダーだったので、同じようなタイプのショーン・レイのとるポーズを大会時のポージングルーティンに入れていました。

印象

大人びて、艶めかしい雰囲気のあるポーズです。

ショーン・レイはラブバラード曲をBGMにポージングをとっていたため、より、このポーズが合っていました。

ボディビルのポージングは往々にして、男らしさやたくましさを印象づけるポーズが多く、そのため、フリーポーズのポージング構成を良く考えないと、単調でつまらないものになります。

筋肉をアピールするためだけに、ただポーズを並べるのでなく、「ドラマ」の含んだフリーポーズをとるために取り入れたいポーズです。

ポイント

全体のバランスみる

特定の筋肉をアピールするポーズではなく、「流線」を見せるポーズです。
上体の傾斜具合と、腕の位置が、全体を見たときに、流れを持つようにポーズをとりましょう。画像3

画像3

スムーズにとる

ぎこちなさは禁物です。「色っぽさ」のあるポーズですから、よく練習し、無駄な「間」の無い、綺麗なポーズをとりましょう。

視線も大事

妖艶なポーズですから、ボディビルダー特有の「力みスマイル」はいけません。画像3

杉良太郎の「流し目」でポーズをとるといいかもしれません。

画像3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です