カテゴリー
フリーポーズ

ラリースコットポーズ

オールディーズなポーズ
玄人を唸らせるなら、覚えて損はない。

目次

アーノルド・シュワルツネッガーがこのポーズをしているのを見たことがあるかもしれませんが、もう少し時代を遡るとラリー・スコットという初代ミスター・オリンピアを獲得した選手がこのポーズをよくとっていたことがウェブ検索をすればわかります。

印象

とにかく上腕をアピールするポーズで、横を向いて体をひねっているので、ウエストや大腿部が多少悪くても問題になりません。

また、ボディビルの歴史について知ってる人が見れば、オールディーズな印象を与えることでしょう。

ワンポイント

正面の足に重心を乗せる

体を正面にひねりながら傾けるので、正面の足に体重が乗ります。画像1

画像1

背中は丸めて

背中を反ることが多いポージングですが、このポーズは丸めたほうがよく見えます。画像2

画像2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です