カテゴリー
筋トレ談義

やっぱり凡人は強くならないのか

自分が弱いのは素質や才能が無いからではない、努力が足りないからだ。
そう信じたくても、真実は変わらない。

トップ選手たちの強さの秘密はなんだろうか。私達凡人も、その秘密を知ればもっと強く慣れるのではないだろうか。

そんな淡き期待を胸に、セミナーに参加したり、ユーチューブで動画を見たりして、なんとか、その「秘密」を知ろうとする。

たしかに、強い選手は、特別なトレーニングをしたり、特別なものを食べたりして強くなっているかも知れないし、それを真似すれば、今よりは僅かにでも強くなれるかも知れない。

だが、「僅かに」強くなっても、決して彼らと同じようには強くなれない。なぜなら、「素質」がないからだ。

「素質」とか「才能」というものを理由に自分の弱さを正当化するのは、一般的に良しとされない。

それよりも、「努力」とか、「心の強さ」、「トレーニングの方法」などを理由とする方が受け入れやすい。

それは、後者がなんとか出来そうなものであるのに対し、前者が改善不可能であるからであろう。そして、どうしようもないことだから、信じたくないのだ。

だけれども、それが真実の場合もあるのだ。私達凡人は、今よりもほんの少しでも強くなるために、そんな不都合な真実に正面切って立ち向かわなければいけない。

ユーチューブサーフィンをしていたら、私達凡人の信じたくない真実を肯定する、「楽しく明るい動画」あったので紹介する。

アマンダ・ローレンスは、84kg級のパワーリフティングチャンピオンである。

彼女のユーチューブチャンネルにアップされている動画に母親とトレーニングする動画あった。

「強さは遺伝? 強さはのみなものとはなにか〜ママは君より強い!〜」

親子でベンチプレスをするのだが、母親はベンチプレスをするのは3回目だ。ウォーミングアップをして、最終的に60kgにチャレンジし成功する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です